h1テキスト入力場所です。titleタグの次に重要なので念入りに考えてワードを盛り込みましょう。

ヘッダー内写真とトップページのサムネイルの犬・猫の写真は梱包していません

配布元の規約により、再梱包できませんので空の画像を配置しています。同じ写真をお探しの場合、『素材辞典』さんで販売されていますのでご参考までに。ヘッダー画像は2枚を組み合わせて加工しています。

文字色やサイズなどの設定は…

cssフォルダ内のstyle.cssで行います。メモ帳で編集できます。詳しい説明も書いていますのでお読み下さい。

スマホ用テンプレートを使いたい方へ

当テンプレートには専用のスマホ版テンプレートは梱包していませんが、全て「jQuery Mobile」を使っている為、どのタイプも構成がほぼ同じです。一番イメージに近いタイプをこちらから選んでご活用下さい。

テンプレートの編集方法については…

こちらの解説もご参照下さい。テンプレートのダウンロードの方法から解凍の仕方、基本的なテンプレート編集方法からカスタマイズ方法など、様々な使い方をご紹介中です。

当テンプレートの画像加工サポートについて

ご自分でうまく加工できない場合、有料サポートも行っております。お見積り無料なのでお問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。
■ロゴ画像加工サービス…当テンプレートと全く同じフォント・カラーでよければ500円(調整は不可)です。異なるフォントやカラーにしたい場合、1,000円です(2回まで微調整可)。
■メニュー画像加工サービス…最初の1個目のみ500円で追加1個あたり150円(※ロールオーバー用も込み)です。当テンプレートの場合、全部(6個)入れ替えたいなら500円+(150円×5個=750円)=1250円がお品代となります。
■上部のメイン画像加工サービス…加工内容にもよりますが1枚1,000円〜2,000円ほどで制作を承っております。

当テンプレートの使い方

■titleタグの設定はとても重要です。念入りにワードを選んで適切に入力しましょう。
まず、htmlソースが見れる状態(メモ帳などで開いてもOK)にして、
<title>ブリーダー・ペットショップ向け 無料ホームページテンプレート tp_breeder3</title>
を編集しましょう。あなたのホームページ名が「Sample Breeder Shop」だとすれば、
<title>Sample Breeder Shop</title>
とすればOKです。SEO対策もするなら冒頭に重要なワードを入れておきましょう。

続いて、下の方の
Copyright© 2013 ブリーダー・ペットショップ向け 無料ホームページテンプレート tp_breeder3[…省略…]
も編集します。「2013」部分はその年その年にあわせて変更していって下さい。
例:Copyright© 2013 Sample Breeder Shop[…省略…]

■h1タグを変更しましょう。
HP上段にあるh1タグのテキストを変更しましょう。titleタグの次に重要なワードです。

■metaタグを変更しましょう。
htmlソースが見える状態にしてmetaタグを変更しましょう。

ソースの上の方に、
content="ここにサイト説明を入れます"
という部分がありますので、テキストをサイトの説明文に入れ替えます。検索結果の文面に使われる場合もありますので、見た人が来訪したくなるような説明文を簡潔に書きましょう。

続いて、その下の行の
content="キーワード1,キーワード2,〜〜〜"
も設定します。ここはサイトに関係のあるキーワードを入れる箇所です。10個前後ぐらいあれば充分です。キーワード間はカンマ「,」で区切ります。

当ブロックについて

当ブロックの見出しについて
ここの見出し(当ブロックについて)などは以下のようにh2タグで囲めばOKです。

※環境によって文字が切れる場合があるのであまり枠ギリギリまで文字を詰め込まないように。

当ブロック内のテキストは…
段落タグ<p>で囲みましょう。余白が自動で反映されます。

当ブロック内に画像を置く場合…
段落タグ<p>内なら、幅630pxまで。段落タグの外なら幅650pxまで。

ロゴ画像について

baseフォルダに入っている、logo.gif(ロゴ画像用)にサイト名をのせて、imagesフォルダに上書きして下さい。サンプルテンプレートのロゴと全く同じフォント・加工内容でよければ500円にて制作を承っております。変更する場合は1,000円より。見積もり無料なのでお気軽にご相談下さい。

左のメニュー(画像タイプ)について

文字なしのベース画像がbaseフォルダに入っていますので好きに文字いれしてそのままimagesフォルダへ上書きして下さい。上からmenu1.gif…と置き換わります。また、menu_onで始まる画像がロールオーバー用画像になります。 当サイトでも制作代行承り中。最初の1個目のみ500円で追加1個あたりプラス150円。詳しくはこちら

左のメニュー(テキストタイプ)について

テキストタイプメニューは通常のテキストで入力できます。html側を開いて、必要に応じてテキストとリンク先を変更して下さい。

トップページのサムネイルスライドショーについて

■当テンプレートのサムネイルスライドショーは有限会社クリタス様提供のプログラムを使用しています。rollimg.jsファイルは改変せずにご利用下さい。
URL: http://www.crytus.co.jp/
■使い方解説
index.htmlのhtml側を見ると、全部で10枚のサムネイルが設定されているのがわかるかと思います。必要に応じて画像ファイル名やリンク先を変更してご利用下さい。
枚数を増やしたい場合、例えば10枚から20枚にしたい場合、html側の「roll_contents」に設定されている「width:1100px;」を「width:2200px;」にして下さい。1枚あたり110pxでカウントしてもらえばOKです。
■サムネイルスライドショーを使わない場合
梱包のindex_sample.htmlをindex.htmlに変更してご利用下さい。
■別のテンプレートに設定したり、さらにカスタマイズしたい場合は
こちらの解説をご覧ください。

左右のブロックを入れ替えたい場合

cssフォルダのstyle.cssを開き、#main内にある「float: right;」を「float: left;」に、「padding-right: 20px;」を「padding-left: 20px;」。#sub設定内にある「float: left;」を「float: right;」に、「padding-left: 20px;」を「padding-right: 20px;」すればOK。

プレビューでチェックすると警告メッセージが出る場合(一部のブラウザ対象)

メニューのロールオーバー効果やスライドショーのjavascript(jsファイル)ファイルによって出る警告ですが、WEB上では出ません。また、この警告が出ている間は効果も見る事ができないので、警告を解除してあげて下さい。これにより効果がちゃんと見れるようになります。

MENU

  • HOME
  • ABOUT
  • PUPPY
  • PHOTO
  • LINK
  • CONTACT

当ブロック内のテキストは

段落タグ<p>で囲みましょう。余白が自動で反映されます。

当ブロック内に画像を置く場合

段落タグ内なら幅220pxまで。段落タグの外なら幅230pxまで。

テキストタイプのメニュー